鍵のかかってない部屋

読書とかゲームとか映画とか

【読書】『羊をめぐる冒険』その1 村上春樹

 村上春樹初期の代表作『羊をめぐる冒険』を再読。

 学生時代に初めて読んで、それから作品に関する何かを読むごとに時々ぺらぺらとページをめくってみたりもしたが、通しで読むのはおそらく三度目くらい。

野間文芸新人賞受賞作
1通の手紙から羊をめぐる冒険が始まった 消印は1978年5月――北海道発
あなたのことは今でも好きよ、という言葉を残して妻が出て行った。その後広告コピーの仕事を通して、耳専門のモデルをしている21歳の女性が新しいガール・フレンドとなった。北海道に渡ったらしい<鼠>の手紙から、ある日羊をめぐる冒険行が始まる。新しい文学の扉をひらいた村上春樹の代表作長編。

 自分が持っている文庫本(上巻、97年34刷)の値段を見たら388円+税でちょっと驚いた。アマゾンで見ると現行の文庫本は定価605円だから、本の値段もずいぶん高くなったなぁと思う。

続きを読む

【読書】『闇の奥』 ジョゼフ・コンラッド

 映画『地獄の黙示録』の原案である『闇の奥』はイギリスのジョゼフ・コンラッドの作品。村上春樹の『羊をめぐる冒険』でも、書名は伏せられているがおそらく登場している。

 以前は岩波文庫中野好夫訳で読んだが、今回は光文社古典新訳文庫の黒原敏行訳で再読。黒原氏はコーマック・マッカーシーのような難解で翻訳の面倒な作品をよく訳されていて海外小説読者としてありがたい存在の一人。

船乗りマーロウはかつて、象牙交易で絶大な権力を握る人物クルツを救出するため、アフリカの奥地へ河を遡る旅に出た。募るクルツへの興味、森に潜む黒人たちとの遭遇、底知れぬ力を秘め沈黙する密林。ついに対面したクルツの最期の言葉と、そこでマーロウが発見した真実とは?

続きを読む

【音楽】『イージー・ライダー』を聴く

 映画『イージー・ライダー』のサウンドトラックは物語と密接に結びついており、ときに映像以上に主人公たちの心情は場面の状況を表現している。というわけでサウンドトラックの収録曲を順に聴いてみる。

 

  • 1.The Pusher / Steppenwolf
  • 2.Born to Be Wild / Steppenwolf
  • 3.Wasn't Born to Follow / The Byrds
  • 4.The Weight / The Band
  • 4.If You Want to Be a Bird / The Holy Modal Rounders
  • 5.Don’t Bogart Me / Fraternity of Man
  • 6.If 6 was 9 / Jimi Hendrix
  • 7.Kyrie Eleison / The Electric Prunes
  • 8.It's Alright Ma(I'm Only Bleeding) / Roger McGuinn
  • 9.Ballad of Easy Rider / Roger McGuinn

 

続きを読む

【映画】『イージー・ライダー』 デニス・ホッパー

 アメリカン・ニューシネマの代表作、『イージー・ライダー』を再鑑賞。

 『イージー・ライダー

 1969年 アメリ

 監督:デニス・ホッパー

 キャスト:ピーター・フォンダデニス・ホッパージャック・ニコルソン

 参考書に町山智浩の『〈映画の見方〉が分かる本』(洋泉社)。

続きを読む

【読書】『本当の翻訳の話をしよう』 村上春樹 柴田元幸

 この二人の本はなるべく新刊で買いたい、という村上春樹柴田元幸共著の『本当の翻訳の話をしよう』(スイッチ・パブリッシング)を読む。

 基本的には柴田元幸が編集する雑誌『MONKEY』に掲載された二人の対談を中心に再録が多いが、途中に柴田氏の講義録である『日本翻訳史 明治篇』が収録されていてこれだけでも十分面白い。

村上春樹柴田元幸の対談集、ついに刊行決定。
文芸誌『MONKEY』を主な舞台に重ねられた、
小説と翻訳をめぐる対話が一冊に。

続きを読む

【映画】『アメリカの友人』 ヴィム・ヴェンダース

 『アメリカの友人』

1977年 西ドイツ/フランス/

監督:ヴィム・ヴェンダース

キャスト:デニス・ホッパーブルーノ・ガンツ

 パトリシア・ハイスミス原作のリプリーシリーズの一つ。『太陽がいっぱい』以降作品が映画化され続け最近はドラマシリーズにもなるという相変わらずの人気らしい。

続きを読む